So-net無料ブログ作成
FXプライムとは
Dr.フェリンGTFの画像.jpg

Dr.フェリンGTFの詳細への画像ボタン.jpg

ドクターフェリンGTF秘話 [ドクターフェリンGTF秘話]

三価クロムの不足に、敢然と立ち向かった一人の男がいます。
その名はフランク・マオ。当時、米国ウィスコンシン大学の内分泌学博士として
研究に明け暮れていた人物です。
ドクターマオは、三価クロムが健康維持に欠かせない必須ミネラルであること、三価クロムは
年を重ねるほど消耗されやすい、ということをつきとめましたが、その吸収の悪さに悩まされました。


それでも、ドクターマオの不屈の精神によって、クロムラクトフェリンのサプリメントをもう少しで

世に送り込むことができる、というところまできました。


しかし、あともう少しというところで、何と資金が底をついてしまったのです。実のところ、ドクターマオのチームはもう10年以上もその研究を行なっていたのです。
そんなある日、ドクターマオは予定されていた自分の講演会に出かけましたが、
そこで運命的な出会いをしたのです。


その日、偶然マオの講演会に出席していた、リンダ・チャンという女性と出会ったのです。

チャンは、中華民国の主席であった蒋 介石に近い親族の一人で、父親は中国の4つの
郡区の一つを支配した将軍でもありました。


彼女はドクターマオの研究に共感し、ドクターマオと出会った後、アメリカワシントン州に所有していた4つのビルを売却して、研究開発費を負担したのです。


マオはこのような強力な支援を受け、長年の研究の集大成に入ることができました。
そしてついに2000年、最先端バイオテクノロジーによって、三価クロムの不足を補うための
画期的な研究が完成を見ました。
三価クロムとラクトフェリンを独自技術により結合させ、三価クロムをすみずみにまで
届けることが可能になったのです。

クロムをラクトフェリンと結合させることによって、何十年にも渡る問題を解決したのです。
最良な方法を捜し求めて、幾十年という時をかけて、ようやくたどり着いた結論でした。


クロムラクトフェリンを開発したのはドクターフランクマオです。


Dr.フェリンGTFの詳細への画像ボタン.jpg



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。